ホーム >>最新情報 >>すばらしい日本の時計、勉強に値する
すばらしい日本の時計、勉強に値する

1970年代、日本の石英の時計の出現はほとんどスイスの伝統的な時計業の命脈を揺さぶった。しかし、日本の時計は時計界で一席を占めるのは、石英表だけではない。日本製表業はハイテク嗅覚に敏感で、エネルギー利用技術を重視し、大胆なイノベーション――太陽光、電波、GPSからスマートシステムまで、それぞれのような強力な科学技術技術は日本の時計ブランドの制勝法宝である。

電力を持続させる太陽光と光動能

石英表にも欠点がある。機械的な時計の鎖は手動と自動の2種類がありますが、石英表の動力は電池から来ます。通常の電池の電気の量は1年2年を維持することができるだけで、耐久性の高い劣勢は次第に使用中に現れます。

このような劣勢を克服するために、1976年には、太陽光を動力とするポインタ式石英腕時計「Citizen Quartz Cell」を世界初とし、太陽光を電気エネルギーにし、電子スーパーコピー時計の耐用年数を大幅にアップし、電子時計の発展を新たな段階に持ち込んだ。

1976年に西鉄城で世界初の太陽光を動力とするポインタ式石英腕時計を発売

太陽エネルギーの充電技術に基づいて、西鉄城が開発した光動能技術は、電子時計の動力問題を根本から解決した。光動能腕時計の運営原理は、表盤がいかなる可視光源を吸収することで、光は光が電気に転化され、リチウム電池として充電することができ、電池は電気を放出してコアの各部品を動かすことができる。光動能腕時計は電気を満たした後、暗い環境の中でも6ヶ月から10年まで運行することができます。1枚の光動能腕時計は正常なメンテナンスの下で、使用寿命は20年以上に達します。1997年、西鉄城は10秒以内に誤差がある光動腕時計を発売した。そして、超薄光動能腕時計と三問光動能腕時計が相次いで登場し、光動能技術もシトロン城の中核となる技術の一つとなっている。



前ページ: ドイツPRINCE GERAブランド腕時計、中国市場に進出しようとしている
次ページ: ブレンドブランドの新品、ブレスレット腕時計