ホーム >>部分腕時計部品、輸入関税税率が下がる
部分腕時計部品、輸入関税税率が下がる

ヨーロッパ経済委員会はこのほど、 スーパーコピー時計と懐中表のいくつかの種類の部品の輸入関税税率を下げることを決定しました。その中で、安い金属の表殻あるいはその部分の輸入関税税率が9 %からゼロに下がった。皮制の表帯または安い金属の表帯輸入関税税率は15 %から5 %にまで下がる。上記の時計または懐中部品の輸入関税税率の実施期限は、2014年5月10日から2017年5月9日まで。

また、いくつかの種類の機械の輸入関税は15 %から10 %に下がります。いくつかの種類の石英表の輸入関税は15 %から5 %になります。

現在、関税同盟国で生産する時計の部品の80 %が輸入する必要があり、これらの輸入部品は時計総の70 %を占めています。部品の輸入関税を下げることは、生産企業の費用を低減し、新たな就職先を増やし、企業の競争力を強化し、外資企業との共同建設の時計を生産し、投資の吸引力を高めることなどを促進する。



前ページ: どのようにして、金正日の名前が印刷された時計?
次ページ: インドのタタン、電商でジュエリー時計を販売する