アジアの高時計展示会の現場
ホーム >>アジアの高時計展示会の現場
アジアの高時計展示会の現場

9月25日- 28日、「時計と奇跡の第1回アジア高級時計展」が香港で行われました。この展覧会は、ラン格、愛人、名士、カルティエ、IWC、積家、万宝龍、ギルナール、伯爵、Richicher Mille、ロジャードゥ、江詩丹トン、ゴッゴイの13のブランドが手にした。伝統とイノベーション。

ブランドの展示を重視する

本年度の新商品を出展するほか、ブランドイメージ、歴史文化、腕時計制作工芸の展示も大きなポイントとなっており、今回の展示会の大きなハイライトとして、高級腕時計が含む40の複雑な工芸は、芸の優れた時計界の専門家が現場で演繹する説明する。また、「時計と奇跡」では、「時間征服」というテーマのオリジナル展が行われ、時計が誕生してきた発展を振り返る。



前ページ: ロレックスマスターのお客様、ヒルトンホテルに入居します
次ページ: 格雅叡シリーズG08130腕時計、紹介!