「カモメ杯」時計の外観デザイン大会、円満に終了
ホーム >>「カモメ杯」時計の外観デザイン大会、円満に終了
「カモメ杯」時計の外観デザイン大会、円満に終了

天津市の知的財産権局とカモメの時計業グループが共同で開催した「カモメ杯」の外観設計大会が先日幕を下ろし、天津科学技術大学の王みず潤さんが設計した1金は、星座文化とカモメの時計文化を結びつけた設計案が最優秀設計賞に選ばれ、天津都市建設学院の孫望遠さんなどが設置された。計5作で最優秀アイデア賞を受賞した。

2010年12月1日に発売された「カモメ杯」の外観デザインは、2011年3月31日まで募集した。8つの専門学校、2社の設計会社の従業員110人が大会に参加し、優秀な作品が95件入り、スーパーコピー時計外観設計特許97件を申請したという。



前ページ: パネライ、iPad Panerai電子雑誌
次ページ: 貴重な時計は団地に入って、無料で時計を検査します