ホーム >>日本の時計のブランド、ハイエンドの腕時計
日本の時計のブランド、ハイエンドの腕時計

精工時計など日本の腕時計企業が高価な商品を投入しているのは、中国など海外の観光客の増加による需要である。ハイエンド腕時計の中ではスイスの時計が1位になり、日本の時計企業も増え続けている市場の中で1杯の茶碗を分けているつもりだ。ある日本企業の幹部は「ハイエンド路線を強化しないと発展しにくい」と話している。

精工は7月、東京・銀座に20万円以上のハイエンド製品を販売した店を開設し、著名な時計職人が手作りした3000万円以上の時計を展示している。店内では日本茶などで客をもてなす。社長の服部真二社長は「究極の品質の商品を提供する以外にも、お客様のためにサービスを用意している」と強調した。

西鉄城も20万~39万円のハイエンド製品を強化し、8月には松屋百貨銀座店の外壁に大きな広告を出した。

カシオは、10万円以上の製品に力を入れ、人工衛星信号を受け取って、海外でも自動的に時間を調整できる「OST ANUS」などのハイエンドブランド。また、一部のモデルには人造宝石が入っています。カシオは、世界32の主要空港に広告を出したり、期間限定の店を開設している。

日本スーパーコピー時計協会によると、2014年の国内の腕時計市場の規模は7649億円で、前年より19 %増加した。その中でスイス産の輸入商品は5940億円、国内ブランド商品は1709億円。



前ページ: エプソン発表Runsense SF-110スマート時計
次ページ: LG新モデルの腕時計、すでにFCCに露出している