ホーム >>腕時計の材質がわかり、時計の「内行人」になります。
腕時計の材質がわかり、時計の「内行人」になります。

お友達とお気に入りの名表を話しているときの一知半解で語詰まっているのではないかと思いますが、名表を鑑賞する傍観者ではなく、愛表人の中の評論家になりたいのですが、もっとプロの腕時計の知識が必要です。腕時計の違う材質から話してください。

ロレックスコピー宝石腕時計

黄金の素材

この金属は密度が高くても、柔らかくて傷つきやすい。そのため、製表時に一般的に採用されたのは、純度が75 %で、18Kの黄金とも言われています。

宝玉陀陀飛輪万年暦腕時計

バラの素材

表殻は750‰の足金+250‰の銅で作られ、足金の含有量は変わらないが、銅の割合が増加しているため、合金色が少し赤くなったことから、赤金表(バラ金表)がある。紅金という特殊な色沢は、黄金の張揚が少なく、多くの優雅さを表現してきたので、近年はだんだん人に認められて愛しています。

銀を入れると、色が薄くなり、銀を多ければ赤くなる。銀の含有量は10 %に増加し、銅の含有量が15 %程度になると、色はやや薄くなり、あるいは粉がついている。3 N粉金(成分が75 %の純金プラス13 %銀プラス12 %銅)、4 N粉金(成分が75 %の純金プラス9 %と銀に16 %銅)、5 N粉金(成分が75 %に4.5 %で20.5 %銅)。銀が少なくなるほど銅が多くなると、色沢もますます赤くなります。



前ページ: パネライ、新しいPaneristi記念周年の腕時計
次ページ: ドイツの機械腕時計、どう作ったのですか