ホーム >>ルノーの時計、国家級のハイテク企業の称号を得る
ルノーの時計、国家級のハイテク企業の称号を得る

このほど、国の科学技術部、財政部などの関係部門の厳格な審査を経て、ルノーは「国家ハイテク企業」と認定されました。

ハイテク企業は、「国家が重点を置いて支持するハイテク分野」において、研究開発と技術成果の転化を続け、企業の中核として知的財産権を形成し、それを基礎として経営活動を展開する企業を指す。知識が密集し、技術が密集している経済実体である。ハイテク企業の認定基準と採点基準は非常に厳しい。認定を求める企業は、「コア自主知的財産権、科学技術成果転化能力、研究開発の組織管理レベル、成長性指標」などの各指標が落札しなければならない。

国家級のハイテク企業を獲得して、ルノーが自主的な知識の革新、核心の特許権、科学技術技術の研究開発と成果の変化の方面において、すべて業界のリードレベルを達成して、しかも時計の分野の中で強い市場価値と資本価値を持っています。



前ページ: オンス、セロンニースの限定版腕時計
次ページ: RogerDubuis、高級ジュエリー時計、紹介!