ホーム >>オーストリアの時計ブランド「カール・スッキー&ゾーネ」日本初上陸
オーストリアの時計ブランド「カール・スッキー&ゾーネ」日本初上陸

カール・スッキー&ゾーネについて

 カール・スッキー&ゾーネとは、オーストリア・ハンガリー皇帝のフランツ・ヨーゼフ1世、皇后エリザベート(シシー)に仕えた、宮廷時計師のカール・スッキーと、彼の息子たちにちなんだブランドである。2016年に、ユニークな歴史的遺産と、コンテンポラリーなデザイン、スイスのクラフトマンシップを融合させたファーストモデル「ワルツNo.1」を発表し、復活を遂げた。翌2017年には、「ワルツNo.1」セカンド・シリーズをリリースした。

「ワルツNo.1」のデザインについて

 世界的に有名なウィーンの建築家、アドルフ・ロースをたたえるモデル。ダイアル上は、縦横のストライプのほか、6時位置の秒表示ディスクにも緻密なギヨシェ装飾が施される。1分間に1回転するこの秒表示ディスクは、ウィーンのカフェ文化と時間感覚に敬意を表して「ワルツィング・ディスク」と名付けられた。搭載されるヴォーシェ・マニュファクチュール・フルリエ製の自動巻きムーブメントは、トランスパレントバックから眺めることができる。



前ページ: ルイヴィア、クラサエジュエリー時計、紹介!
次ページ: グラフィカルなデザインの限定モデル「J12 アンタイトル」が 発売開始