ホーム >>BREGUET TYPE XXI 3817 LIMITED をブレゲ ブティック銀座にて販売開始
BREGUET TYPE XXI 3817 LIMITED をブレゲ ブティック銀座にて販売開始

時計製造以外でブレゲ一族が名声を誇る分野といえば、それは間違いなく、ルイ-シャルル・ブレゲの功績で世に知られる航空の世界だ。アブラアン-ルイ・ブレゲから数えて5代目の孫にあたる彼は、一族がそれまで開拓していなかった航空の分野において革新的な成功を得たのだ。ルイ-シャルル・ブレゲは、ヘリコプターの原型と呼ばれるジャイロプレーンを開発し、1916年にはまた航空機「ブレゲXIV」も開発した。1917年から1926年に、ブレゲはこの伝説的な航空機をおよそ8000機製造し、それらは約15か国で買い上げられた。航空機会社と並行して時計会社のブレゲもコックピットの計器に用いるクロノグラフを開発するなど、パイロットウォッチの製造も行うようになる。1935年にブレゲは初のクロノグラフを開発し、それからおよそ20年後に「タイプXX(トゥエンティ)」の製造を始めていた。フランス軍の要請によって作られたこの有名なクロノグラフは、80年代初頭までフランス空軍と海軍航空部隊の装備品になっていたのは有名な話である。


 2018年、ブレゲは世界限定111本の「タイプXXI(トゥエンティワン)3817」を発表した。日本では「ブレゲ ブティック銀座」でのみ数本の限定販売とのこと。滑らかに仕上げられたローズゴールドケースにブラックダイヤルが特色で、自動巻きの機械式ムーブメントは、1954年の「タイプXX(トゥエンティ)」から受け継がれるフライバッククロノグラフ機能を搭載する。「タイプXXI(トゥエンティワン)3817」のクロノグラフ機能は、センターのクロノグラフ秒針で秒を計測するだけでなく、分の積算表示も同軸のセンター針で行う。6時位置は12時間積算計と日付表示、3時位置はデイ/ナイト表示、9時位置にはスモールセコンドによる秒表示があり、クロノグラフの魅力は全て詰まっている。また、「タイプXX(トゥエンティ)」シリーズでは史上初となるサファイアクリスタルによるシースルーバックを採用し、ムーブメントの隅々まで鑑賞できるようになった点も一見の価値があるだろう。



前ページ: グラフィカルなデザインの限定モデル「J12 アンタイトル」が 発売開始
次ページ: 【プレBASEL 2018新作】グラハム「クロノファイター スーパーライトカーボン」