ホーム >>最新情報 >>グランドセイコーはどうやって選ぶべきか分かりやすくモデルを種類分け!
グランドセイコーはどうやって選ぶべきか分かりやすくモデルを種類分け!

これは、昨今グランドセイコーの人気が加速し、グランドセイコーが“詳しい人が購入するブランド”から“一般の人が購入するブランド”になったことによって起こっているのかもしれません。そして、より具体的な要因ですが、グランドセイコーの“代表的な選択肢”が確立されていない状況が、消費者を迷わせている大きな要因でしょう。

 

例えば、皆さんがロレックスを検討する場合、「サブマリーナ」や「エクスプローラーⅠ」が真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか。もしオメガであれば、「シーマスター」や「スピードマスター」を思い浮かべるでしょう。これがロレックスやオメガの“代表的な選択肢”です。しかし、グランドセイコーはどうでしょうか?きっと、なんとなくのモデルイメージはあっても、具体的な“代表的な選択肢”をイメージできないでしょう。


きっとグランドセイコーに“代表的な選択肢”をイメージできない皆さんは、次に、インターネットでメーカー公式ホームページを見に行くでしょう。するとそこには、「エレガンスコレクション」「ヘリテージコレクション」「スポーツコレクション」というシリーズの選択肢があります。そのコレクションページを掘り下げてチェックしても、どれを主役にすることなく、淡々とたくさんのモデルが紹介がされています。

 

グランドセイコーを検討する皆さんは、選択肢を絞れぬまま、この辺りで“お手上げ”になるかもしれません。

 

みなさんが“お手上げ”になる理由は、グランドセイコーが「デザイン統一」と「バリエーション増加」を同時に行っているからでしょう。つまり、「グランドセイコーらしいデザイン」を全てのモデルに与えるために、「多くのモデルが似ている」現象が起こります。そして、その状況があるにも関わらず、ディテールの違いで多くのバリエーションモデルを作っているのです。これでは、消費者は選択肢を絞り難いでしょう。

 

さらにグランドセイコーは、ロレックスやオメガのように「通称(愛称)」で呼ばれるモデルはほぼありません。こちらも、モデル把握を困難にする一つの要因かもしれません。



前ページ: 【IWCのウンチク話】ポルトギーゼクロノグラフのこだわりは「秒針」である!
次ページ: 分かりやすいロレックスの用語集(前編) ~ロレックスの専門用語の使い方~