ホーム >>最新情報 >>2019新作 異次元の世界への旅「アルソー ルゥール ドゥ ラ リュンヌ」
2019新作 異次元の世界への旅「アルソー ルゥール ドゥ ラ リュンヌ」

宇宙のように広大で幻想的な世界へ出発する時がきました。月面に降り立ち、時空の彼方へと参りましょう。《アルソー ルゥール ドゥ ラ リュンヌ》は、北半球と南半球のムーンフェイズを同時に表示する斬新なデザイン。地球の衛星である月をまったく新しい視点から眺めます。メテオライトまたはアベンチュリンの文字盤に配されているのは、2つの可動式スモールダイアル。このスモールダイアルは、エルメス・マニュファクチュールのムーブメントと連動した独自開発のモジュールによってダイアルの中を一周します。そしてその動きにより、マザー・オブ・パールの月が満ち欠けします。


コンプリケーションの概念を型破りなアイデアで表現した《アルソー ルゥール ドゥ ラ リュンヌ》。エルメスの時計職人としてのノウハウを、これまでにない新たな解釈でお届けします。ホワイトゴールド製ケースに収められたスリムな機構。外からはその姿をうかがい知ることはできません。メテオライトやアベンチュリンにマザー・オプ・パールを象嵌した文字盤は、宇宙を表現しています。立体的な月の上をスモールダイアルが衛星のように通過し、軌道を描きます。基点表示は、南が上で、北が下。上下逆さまになった遊び心あふれるデザインが、見るものを宇宙空間へといざない、方向感覚を失わませす。


エルメスのルーツである乗馬の世界 。馬の俊雅なギャロップもまた夢の世界を演出します。ウブロコピー12時に配された月には、創造力豊かなデザイナー ディミトリ・リバルチェンコがデザインしたペガサスがあしらわれています。「満月」と名付けられたこの天馬の姿は、2つの世界をつなぐ架け橋です 。そこでは、魔法と現実が溶け合います 。反対側の6時には、北半球から見た月面がリアルに描かれ、ほのかな輝きを放っています。



前ページ: 2019新作 ジャガー・ルクルト、新作ランデヴー・コレクションを発表
次ページ: 2019新作 眩い輝きを纏った「ポセション」ウォッチが登場