ホーム >>最新情報 >>現代の名工に選ばれたバーテンダー岸久氏のカクテルからインスパイア
現代の名工に選ばれたバーテンダー岸久氏のカクテルからインスパイア

100年以上にわたるセイコーの機械式時計の伝統とノウハウを受け継ぐ「セイコー プレザージュ」に、昨年に続き、限定「STAR BARモデル」がリリースされる。


もともと静かに時の流れを愉しむという共通の世界観を持つ腕時計とBAR文化。バーテンダーとして初めて現代の名工に選ばれた銀座STAR BARオーナー岸久氏により生み出される繊細で美しいカクテルもまた腕時計と同様、日本の真摯なモノづくりを反映したものだ。


今回、「STAR BARモデル」のインスピレーションのもととなったのは、岸氏により新たに考案されたオリジナルカクテル「Fuyugeshiki」。繊細な型打ち模様に、艶やかなラップ塗装を施した純白のダイアルが光を受けて煌めく様は、冬化粧をした日本の情景を思い起こさせる。


「STAR BARモデル」は全部で3種類。共通のデザインコンセプトのもと、異なるサイズとムーブメントが用意され、ペアウオッチとしても楽しめる。



前ページ: オフシーンに映えるカジュアルなデザインとビビッドなカラー
次ページ: “パンダダイアル”が魅力的なクラシカル・クロノ