ホーム >>最新情報 >>名実ともに傑出した憧れの雲上ブランド4選
名実ともに傑出した憧れの雲上ブランド4選

時計愛好家の皆さんなら“雲上ブランド”への憧れは誰しもが持っているはず。頭一つ飛び抜けた、その名の通り雲の上のような存在である超一流時計パネライコピーは、なぜこんなにも魅力的なのか?そこで今回は、WN読者から熱い支持を集めたブランドから編集部が4ブランドをピックアップ。ブランドの確固たる歴史と今年の新作から、惹きつけられる理由を見てみましょう。


宮廷時計師に従事したF.A.ランゲ氏が1845年に創業。第二次世界大戦後に国有化され社名も消滅しましたが、1990年に復興。1994年には、「ランゲ1」を含む復興後第1弾シリーズの凄まじい完成度の高さが世界に衝撃を与えました。


2017年の新作ではドイツの名門らしい複雑系を中心としたモデルを発表。特に“プール・ル・メリット”を冠したチェーンフュジー搭載のコンプリケーションを筆頭に、「ツァイトヴェルク」、「ランゲ1」から複数の新作が登場しています。「1815」初の年次カレンダーは、ボタン一つで全カレンダーを一斉に進められる便利機能で話題を集めました。




前ページ: 日本が世界に誇る腕時計「G-SHOCK」列伝まとめ【1980年代編】
次ページ: ガラス&ケースのキズはプロへ依頼が正解!