ホーム >>最新情報 >>IWC Ingenieur Automatic Vintage「Laureus」腕時計、紹介
IWC Ingenieur Automatic Vintage「Laureus」腕時計、紹介

IWC表このIngenieur Automatic Vintage「Laurus」は限定生産で、ローレンス基金会に提供された復刻版のエンジニアシリーズです。フェイスプレートのスタイルは1955年に初めて発売されたエンジニアシリーズの配置から取ってきました。嵌写時の基準は夜光点で、判読性は現代モデルに及ばないですが、趣ははるかに優れています。or Good Foundation(ローレンス財団)」。

この時計のインスピレーションは1955年の技師の自動腕時計から源を発して、経典の造型をもとにして、再度再現して、ローレンススポーツ公益基金の特別なデザインになります。ブルーの文字盤を使用して、この基金会で使用され、希望を象徴する意味で、深いブルーは優雅な雰囲気に満ちています。

簡潔な大三針のデザインで、矢印の針の中央は空いていて、夜光の材料を塗っています。三時方向に日付ウィンドウがあります。この表はIWC万国表製の80111自動上鎖のムーブメントを採用しています。チェーン構造はIWC自慢のビルレイトンシステムで、効率も優れています。工芸美感を兼ね備えています。ムーブメント研磨は非常にきめ細かくて、耐久性も万国表の自制ムーブメントの中でも優れています。2005年の同シリーズのムーブメントが押し出されて以来、市場の好評を得ています。http://www.bestmall222.com/list_b233_1.html



前ページ: 江詩丹トンVACHERON CONSTANTIN Overseas Chronograph腕時計
次ページ: シックな三針の腕時計、店長の紹介