ホーム >>最新情報 >>時計の防水、店長紹介!
時計の防水、店長紹介!

スーパーコピー時計の防水といえば、腕時計の防水能力が3つの大気圧力に達し、静的に水深30メートルのところに置いても水が漏れないということです。一般的な防水説明では、防水30メートルは普通の生活防水、例えば手を洗う時につける水滴、雨が降ると降る雨粒、防水50メートルは30メートルぐらいと同じです。防水100メートルは洗車、シャワーで十分です。防水300メートルは浅瀬水泳の活動ができます。防水500メートルは200~500メートルぐらいのダイビングができます。

水の深さが10メートル増えるたびに、大気圧に相当する圧力が増加します。この原理によって、普通の時計工場は圧力計で腕時計の防水性能をテストします。だから、ある時計工場は耐圧値(barまたはatm)を表示して、その防水数値を表します。しかし、腕時計に表記されている防水深さは気圧溝の中だけで気圧テストを行います。水槽の中で水圧テストではなく、表記の深さは部品が完全に正常で、老化がない時に有効です。

現在お店で買える防水腕時計は三つの種類に分けられています。日常生活用防水腕時計、日常生活用強化防水腕時計、潜水用防水腕時計です。日常生活用防水腕時計:汗や雨、洗浄時の水滴を防ぐことができます。日常生活用強化防水腕時計:水によく使われる仕事や運動(水泳、サーフィンなど)やスノーケリングができます。ダイビング用防水腕時計:スノーケリングや肺を利用して潜水することができます。



前ページ: パネライPAM 00615腕時計、自家制クロノグラフムーブメント搭載
次ページ: 新商品発表、ロンジン初の全セラミック腕時計