ホーム >>最新情報 >>機械の腕時計、どうやって弦を巻きますか?
機械の腕時計、どうやって弦を巻きますか?

手動の機械表には自動上弦の装置がなく、すべての動力は手動で上弦する。

手巻きは時計の柄を引っ張り、腕時計の表面を上にし、時計回りに頭を回すと弦が上がります。普通は上から30回ぐらいでいいです。感覚表の抵抗を感じるまでねじって、激しい動作をしないように注意してください。腕時計に損傷を与えないようにしてください。

自動巻きマシン

自動上弦の機械表の内部に半月形の摆陀があります。日常的に身につける過程で、摆陀を持つ自動機械は腕の動きに従って、摆陀は重力の下で回転運動します。ラチェット機構を通して輪を通して、ムーブメントの動力を提供します。

自動機械表は長時間静かに動かないと、止まってしまいます。これは私達が手動で弦を巻く必要があります。ほとんどの自動機械表も頭を持っています。上弦の方式は手動の機械表と同じです。

多くの機械時計が好きな人は、今流行の自動機械時計を選びました。定期的に手で弦を通す必要がないのは手っ取り早いといえますが、自動計算機の運動量が足りないと、歩く時や止まってはいけないという現象があります。それに、ベテランの友達にとっては、機械時計が一枚しかないはずがないです。「雨露均等」は難しすぎます。http://www.bestmall222.com/dailynews.asp



前ページ: 違う昆仑の最新の腕時計、紹介!
次ページ: ロレックスの牡蠣式恒動海使型黄金鋼の腕時計