ホーム >>最新情報 >>ロレックスの牡蠣式恒動海使型黄金鋼の腕時計
ロレックスの牡蠣式恒動海使型黄金鋼の腕時計

ロレックススーパーコピーは2019年にバーゼル世界時計ジュエリー博覧会で牡蠣式恒動海使型(Oyster Perpetual Sea-Dweller)を盛大に発売しました。シリーズ初の黄金鋼モデルで、新世代3235型のムーブメントを搭載しています。

牡蠣式の恒動海使型は非常に兼ね備えたツールリストで、海洋を探求する旅程において重要な地位を占めています。牡蠣式恒動海使型(Oyster Perpetual Sea-Dweller)ゴールドスチールのモデルは、海使型シリーズで初めて18 CTゴールドの材質を採用しました。

黒い文字盤に黄色の文字で刻まれた「Sea-Dweller」は、腕時計に採用された18 ctの黄金と輝き合っています。2017年モデルで、「Sea-Dweller」は赤い文字で文字盤に刻まれています。これに敬意を表します。海の形には一方向回転外輪と60分の目盛りの黒いrachrom陶磁器の字圏があります。43ミリのカキのケースのシルエットがより際立ち、魅力的です。



前ページ: 機械の腕時計、どうやって弦を巻きますか?
次ページ: グラフ動物保護トビダイヤモンド腕時計、紹介!