ホーム >>最新情報 >>LGによると、スマート腕時計は5つ発売されます。
LGによると、スマート腕時計は5つ発売されます。

LGは最近大きな動きが続いていますが、先日発表されたファーウェイや小米、連想開発と折りたたみ可能な画面に続き、最近は5つのスマート腕時計を発売すると発表しました。

最近LG Watch W 7が発売されたばかりですが、LG特許によるとLGはいくつかのスマート腕時計を発売するかもしれません。LGは5つの腕時計の特許を申請しました。全部11月14日に発表しました。その中の4つの腕時計は全部自分の名前があります。LG Iconic、Heritage Chronos、Maximizer和Fraction。

その中の一つの腕時計は特許から見ることができます。Heritage Chronos腕時計は多機能ハイブリッド腕時計のように見えます。時間と日付を表示できます。一部の小さい画面には他の詳細(例えば歩数統計)も表示されますが、特許では具体的に紹介されていません。

もう一つのLG Fractionの外観は伝統的なデザインに偏っていますが、特許によれば、アナログの指針と組み合わせることができます。もう一つのLG Maximizerは時間、日付、電池の量を表示できますが、この腕時計の文字盤は普通の腕時計より大きいかもしれません。

このLG Iconicの外観はちょっと独特で、伝統的な針と文字盤の表示ではなく、小さいボールを使って文字盤のへりに移動して秒針として、文字盤の上のパイロットランプは電池の電気量のパイロットランプとして機能しています。

もちろん、まだ名前が付いていない腕時計もあります。名前はLG Libreeかもしれません。この名前が登録されているからです。これは歩数統計と羅針盤と温度計を合わせたスポーツ知能時計です。

しかし、この5つの時計はそれぞれ独自のデザインがあるとは思いません。まず、特許開示のデザインと機能は必ずしも実現されるとは限りません。しかも、5つの新しい腕時計は全部自分の独特なデザインと機能が必要です。



前ページ: 飛亜達心弦腕時計、胸キュンタイム満載
次ページ: ロレックスと深海の戦い、初の北京上陸