ホーム >>最新情報 >>奇想天外な写真時計
奇想天外な写真時計

報道によると、サムスンは着用式の設備に特許を申請しました。この特許には腕時計の製品が記載されていますが、写真撮影が可能で光学ズームが可能です。

サムスンはこの特許をこう説明しています。装着可能装置は、時間情報を表示するディスプレイと撮影可能な画像を表示するカメラと、組み合わせて使用する動きセンサとプロセッサを備えている。センサーは、ユーザの動きに応じて撮影条件を自分でマッチングすることができ、それによって、ユーザが様々な姿勢で、装着可能な装置を使用して簡単に写真撮影ができるようになる。

もちろん、 腕時計の伝統的な文字盤の位置は光学ズームカメラによって占められているので、サムスンは特許を申請しました。ベルトはスクリーンとして表示できます。

実はサムスンは去年の年末にこの特許を出しましたが、製品があまりにも奇想天外で、技術的にも市場的にも認められているかどうかは分かりません。でも、これは確かに脳の穴が開いている製品です。とても興味があります。



前ページ: 名士クレス麦シリーズM 0 A 0333腕時計
次ページ: カル爵亜腕時計は、独特の個性的な魅力を表現しています。