ホーム >>最新情報 >>腕時計が汚いですが、どうやって洗いますか?
腕時計が汚いですが、どうやって洗いますか?

一般的なベルトの材質は非常に多く、ワニの魚の皮、トカゲの皮、ダチョウの皮、サメの皮と小牛革などに分けられます。どの材質を長く使っても臭いが発生しますので、確実に洗濯して乾燥を維持するのはベルトのメンテナンスの一つです。

時計のバンドが濡れたらすぐに布で乾かすべきです。ほこりがあれば布でふくべきです。また、太陽に長時間さらされるとベルトが変質することもありますので、注意が必要です。

石けん水をつけて汚れを素早く拭き、ぬれた布で拭き取ってください。石鹸の水が皮膚に浸透しないように、全体の過程は20秒以内に完成したほうがいいです。また、消費者はベルトに皮革油を塗ることができます。皮革油はベルトの保護効果があります。

時計のバンドを長くつけると、異臭が発生するほか、「硬化」もよくある症状です。時計のバンドが常に湿っぽい環境にあると、その硬化速度が速くなり、汗による皮質の浸食が起こり、バンドの変形、硬化、さらには破断され、わけがわからず腕時計の紛失や転倒の原因となります。そのため、普段は手入れをしているほか、バンドが硬化した時には曲がらないように、タイミングよくベルトを交換する必要があります。 http://www.bestmall222.com/getnews222.html

皮のバンドをつけるには2、3ヶ月おきに洗剤で拭いて保養します。表面からどのようにベルトの時計が良いか悪いかを見ます。いいです。ベルトは普通の両端は糸で縫製しています。下の部分は基本的にゴムでくっつきます。ベルトが水にぬれると、ゴムがつきやすくなります。裂開ゴムのバンドは適時に交換します。



前ページ: グッチ、新作腕時計アクセサリーシリーズをリリース
次ページ: ロッシーニ、バーゼル時計展、新品腕時計