ホーム >>最新情報 >>カンパノラ 漆文字盤のグランドコンプリケーション限定モデル
カンパノラ 漆文字盤のグランドコンプリケーション限定モデル

「CAMPANOLA(カンパノラ)」より、複雑機構「グランドコンプリケーション」を搭載し、日本古来の伝統色を漆文字盤で表現した数量限定モデルが2019年8月に発売されます。


  漆文字盤が特長のロレックスコピー限定モデル「留紺(とまりこん)」(AH4080-01L)は、昼間の明るい空色が、次第に濃い紺に染まり、果てしなく広がる宇宙を表現しています。古くから、濃い紺色ほど高級と尊ばれ、藍染でこれ以上濃く染められない色を「留」の字を用いて「留紺」と呼びました。「留紺」と名付けたこの限定モデルは、文字盤だけでなく見返しリングにも漆を施すことで、独特の艶や立体感を持っています。


 この限定モデルは、ミニッツリピーター、ムーンフェイズ、パーペチュアルカレンダー、クロノグラフの4大複雑機構をクオーツで実現させたシチズンならではの「グランドコンプリケーション」ムーブメントを搭載しています。2002 年にグランドコンプリケーションモデルが『カンパノラ』に登場して以来、ブランドを代表する独創のムーブメントになっています。この限定モデルに加え、グランドコンプリケーション搭載の新作2モデルも同時発売されます。



前ページ: 中国の新年休暇中のLuminoxの休暇時間
次ページ: ザ・シチズン 光発電エコ・ドライブ搭載、土佐和紙を文字盤に採用した新作