ホーム >>最新情報 >>Moto 360:最も買うべきスマート腕時計
Moto 360:最も買うべきスマート腕時計

Moto 360には控えめな優雅さがある。まばゆいほどではないですが、とても綺麗です。革のベルトはシカゴの皮革工場のHorweenによって作られています。高級で快適です。他のスマートウォッチの安いゴムバンドと比べて、伝統的な腕時計と比べても風が落ちません。その円形のステンレス製のケースは私の腕にぴったりと止まっています。揺れもしないし、テーブルにもぶつけたり、袖にも触れません。見た目より軽い(48.2グラム)、もっと小さくて快適です。11.5ミリの厚さは私たちの好みを超えていますが、腕にかける感じは相変わらずいいです。Moto 360は私がずっと身につけたい腕時計です。入浴や汚れに十分な耐久性があります。仕事を始めたら、もう心配や不安はありません。

Moto 360の中央には1.65インチのディスプレイがあり、金属のフレームに対してやや突起している。このディスプレイはフレームがほとんどなく、視認性も抜群で、屋外の視認性もとても良いです。しかし、このスクリーンは正円ではありません。その底には小さな黒い領域があり、内部の部品とセンサーを置くために使われています。あまりきれいではないですが、大怪我もありません。普段もあまり気づかないです。

Moto 360のディスプレイは初めて見ると素晴らしいですが、よく観察してみると、解像度が低い(320 x 290)ため、文字のエッジのギザギザが見られやすくなります。単一のピクセルポイントも非常にはっきりしています。Gorilla Glassのウェッジエッジはムーア模様のようなものがかすかに現れています。この周の縁はほとんどピカピカで、画面の内容が読みにくくなるだけでなく、少し汚いようにも见えます。これはMoto 360の中で唯一見た目や感じが安いところです。



前ページ: 未来の男性腕時計の発展方向
次ページ: 女性の腕時計、腕時計のブランドの半分の天を支え始めます。