ホーム >>最新情報 >>バーゼルの中国時計企業に入り、紹介します。
バーゼルの中国時計企業に入り、紹介します。

毎年春にスイスのバーゼルで開催される時計ジュエリーショーは、時計分野の最高のイベントと言えます。バーゼルのパビリオンに入るのは、多くの時計メーカーの夢です。2018年、飛亜達、カモメなどの中国スーパーコピー時計ブランドが再びバーゼルコンベンションセンターに現れ、世界の時計と肩を並べて立ち、人々の注目を集めました。中国の自主ブランドを作る道で、中国の時計企業は自分の努力をしています。

バーゼル時計ジュエリー展は六つのホールに分かれています。一号展示室は昔から国際的に有名な時計ブランド、特に高級品ブランドの領地です。昨年、中国深センから来た「飛亜達」が実力と卓越した努力で初めて第一号ホールに入り、メディアの報道が相次いだ。今年、飛亜達は再度第一展示室で場所を占めました。精巧で優雅な展示台のデザインは国際時計企業の品質を表しています。2001年から初めてバーゼル時計ジュエリー展に進出し、6日のショールームで屋台を占拠し、昨年までは華やかな1号ホールに進出し、国際化の道を行くことができました。飛亜達海外市場部の王チャオ社長は2001年に初めてバーゼルに進出し、10年間の堅持によって、飛亜達のブランドイメージは絶えず向上しています。バーゼルに来た主な目的はやはりブランドイメージを広めたいです。現在、飛亜達はすでに全世界の十数カ国で販売拠点を設立しました。ブランドは既にかなり有名です。来年はバーゼルでのブースもさらに目立つようになり、面積も3倍になります。



前ページ: ブライトリング海洋シリーズの新型腕時計、人気2019
次ページ: SmartWatch、メールが読める腕時計