ホーム >>最新情報 >>アムウェイの腕時計の保養技術、11月店長のご案内
アムウェイの腕時計の保養技術、11月店長のご案内

1、ケースのメンテナンス

ケースの役割は腕時計内部の部材を包み込み、保護することであり、腕時計にファッション的な外形を提供することでもある。一般的に、ケースの材質は18 kの金、メッキ、チタン合金、精密鋼の4種類の材質があります。工芸は普通糸を引くと研磨します。そのため、ケースの外観に対するメンテナンスはそのプロセス処理を継続します。

ただし、腕時計のケースのプロセスはメンテナンスを処理して、ケースの傷だけに対して言います。腕時計が衝突で大きなダメージを受けたら、修復できません。また、毎回のプロセスのメンテナンスは、ケースの厚さを少し減らすことができます。ですから、腕時計に少し傷があれば、いつも白い羊を作ることを考えないでください。

K金のケースであれば、キズがあります。K金の布で拭いてもいいです。もし金メッキのケースであれば、いったん金メッキ層が脱落したり、表面に傷ができたりしたら、処理できません。そのため、普段は着用する時には摩耗や汗液の腐食に注意してください。日常は柔らかい拭き布で拭いてもいいです。http://www.bestmall222.com/dailynews.asp

2、バンドのメンテナンス

ベルトは汚れがたまりやすいです。スチールベルトやK金などのベルトは汗の腐食による皮膚のかゆみに注意しなければなりません。そのため、日常的には軟毛歯ブラシで洗剤をつけて洗って、その後は清水で洗います。或いは、一定の時間ごとに表行の修理サービスの中で線路は洗浄できます。

3、ムーブメントのメンテナンス

ムーブメントのメンテナンスは内在的なメンテナンスに属しています。つまり、ムーブメントのメンテナンスは、ムーブメント部品の清潔さと潤滑さを確保し、腕時計の精度を確保します。



前ページ: 日常防水の詳細、腕時計の寿命を延ばす
次ページ: パネライRadiomirシリーズ8日パワーメモリ赤金腕時計